,

ごりやく米(東後畑棚田)

元気が出るお米 ごりやく米(東後畑棚田)

「ごりやく米」は、長門市むかつく半島で有名な元乃隅神社ふもとの東後畑棚田で採れた「ねばり」「甘み」「旨み」が特徴の棚田米「コシヒカリ」です。東後畑棚田は日本海が望める場所にあり「日本の棚田百選」に選ばれています。
中山間地域に階段状に広がる棚田は最近、生産以外にも治水による国土保全の役割や生態系維持の効用などで存在が見直されているところであり、全国で117市町村、134地区の棚田が認定されています。
海からの潮風を受けることで米にミネラル分が多くなり、粘土質の土壌、適度な寒暖差が、粘り・うまみが強くおいしいお米を育てます。また、安心して食べていただくため、農薬の使用量を減らし、化学肥料も必要最低限に抑えて栽培を行なっています。少しでも新鮮な状態でお客さまのもとにお届けします。さらにミネラル分や新鮮さを求める方は玄米の販売も行っています。自信をもって提供する棚田米「コシヒカリ」をぜひ一度ご賞味ください。

商品情報

山口県長門市むかつく半島の元乃隅神社ふもとにある日本棚田100選で選ばれたコシヒカリ
名称:うるち米
品名:ごりやく米
原料玄米:コシヒカリ 10割(100%)
原料現地名:山口県長門市むかつく半島産
販売者:元気移人研究所

おいしい食べ方

シンプルに、こだわりの塩をかけておにぎりで食べていただき、お米の美味しさを堪能してください。

棚田支援

棚田100選の美し棚田を守っていくため活動している「NPO法人ゆや棚田景観保存会(山口県)」への支援につながる活動となっており、お米の購入により活動支援につながっていきます。
http://member.hot-cha.tv/~yuya-tanada/

生産地域

ご購入はこちらから

白米

白米1㎏ 白米2㎏ 白米3㎏ 白米5㎏

玄米

玄米1㎏ 玄米2㎏ 玄米3㎏ 玄米5㎏ 玄米10㎏

 

玄米30㎏

 

定期購入はこちらから

白米

白米5㎏ 白米10㎏

玄米

玄米5㎏ 玄米10㎏

 

関連商品

  1. 萩焼

    萩の伝統工芸品、作陶する人間により作品が生まれ、その作品を使う人によって大切に育てられることにより、侘び・寂びのある深みを増した作品に完成されていくとても味わい深いやきものです。

  2. 【2021年(令和3年)産】 木与のなぎさ米 ヒノヒカリ

    山口県阿武町の豊かな木与の棚田で育った「木与のなぎさ米」は、日本海からの北風が海水の塩を巻き上げ、棚田に降り注ぎ、あまみが強いお米です。さらに、海水を棚田に限界まで注ぎ込み、稲穂が持つうまみが限界まで引き出されているおいしいお米です。

  3. 萩ガラス

    地元「笠山」でのみ採掘される石英玄武岩(安山岩)を原石から精製し、様々な試行を経て確立した他の追随を許さない独自技術でガラスを製造しています。淡い緑色の「玄武岩ガラス」、3層構造で内側にヒビを封じ込めた「内ヒビ貫入ガラス」など、国内で唯一ここにしかない「One&Only」をお届けいたします。

  4. 俵山温泉 温泉水

    貴重な水素を含む還元力の高い温泉水。 療養に、美肌に効果があると言われております。

  5. 温泉の素 俵山の湯

    俵山温泉はおよそ1100年前に薬師如来の化身である白猿が発見したと伝えられ古くから湯治場として知られています。 温泉教授として名高い松田忠徳教授による平成温泉番付では西日本一の湯「横綱」に選ばれました。 泉質はアルカリ性単純温泉で、ぬるぬる・ツルツルした感触は絶品です。

  6. 湯田の湯 温泉の素

    開湯600年前。”白狐伝説”が伝わる美肌の湯「湯田温泉」。無色透明・PH9.14のアルカリ性の天然温泉は肌によく馴染むやわらかい湯で湯上りすべすべ。山陽路随一の名湯といわれ、豊富な湯量が魅力。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

人気商品

  1. 温泉の素 鬼怒川の湯
  2. ごりやく米(東後畑棚田)
  3. 温泉の素 俵山の湯
  4. 幻の須佐唐津焼 窯元製作陶器ランプ

お問い合わせはこちら

地域の課題

コロナ渦で地域に行き観光宿泊により地域貢献することができないが、なにかできないかな。

今話題の応援購入というお買い物の方法をご存知ですか?

コロナ渦で運動量が減ったことから吹き出物ができている

普通のお風呂と入浴剤を入れたお風呂、お肌に対してどのような違いがあるのか、ご存知でしょうか?

外に出られないので免疫力が弱ってきている・・・。

温泉に浸かると免疫力が上がるといわれますが、それにはこのような理由があるのです。

農業従事者の高齢化による、後継者不足からのお米生産持続性の危機

農業従事者の高齢化による後継者不足からのお米生産持続性の危機

信州における限界集落の課題

僕の大好きな信州(あえて長野とは呼ばない)。 その理由は今回の話と関係ないので説明は省きます。 何処の地方でも同じかも知れないが、限界集落がどんどん増えている。 「人口が減少しているから仕方ない」という人も多いが、実は違 […]

1日24時間のうち、通勤時間4時間?

東京、大阪、名古屋といった都市にある企業にその近郊から出勤している人の通勤時間が長い傾向にある。 特に、東京では、2時間の通勤時間や、新幹線を利用した通勤など通勤時間が長い人の割合が多いことがわかる。

伝統工芸品の継承者の消滅

日本には、様々な伝統工芸品があり、様々な地域で地域ごとに育んできた職人の技術継承があります。

LINE公式アカウント

\友達登録募集!/

友だち追加

参入ふるさと納税サイト

\「元気移人研究所」で検索!/


ふるさとチョイス

ページ上部へ戻る
Translate »