ブログ

伝統工芸品の継承者の消滅

日本には、様々な伝統工芸品があり、様々な地域で地域ごとに育んできた職人の技術継承があります。

 日本の歴史として、工芸品が盛んになってきた室町時代から、安土桃山時代、江戸時代、明治時代、大正時代、昭和時代、平成時代と、様々な時代を経て、多数の伝統工芸品が作られてきました。

特に、鎖国政策を行っていた江戸時代では、地域ごとの創意工夫が行われ、伝統工芸品の形が成熟してきた時代だったと言えます。

 その後、戦争の被害があったり、オイルショック、など、昭和に入った後も様々な変化はありました。

 ただ、意外と知られていない事実としては、いわゆる平成の市町村大合併により、多数の自治体が1つの自治体にまとまることが起こりました。

 (※参考 1999年から政府主導で行われた市町村合併。 自治体を広域化することによって行財政基盤を強化し、地方分権の推進に対応することなどを目的とする。2010年3月末に終了。)

 また、ふるさと納税(2007年からスタート)が開始されると、地域特産品を合併後の自治体が取りまとめることから、影響力の大きな自治体、有名な特産品を中心として、伝統工芸品を取り扱うことから、合併前にあった市町村の存在が薄れてしまい、伝統工芸品が廃れてしまうケースがあります。

(参考:「伝統的工芸品は、経済産業省系の実用品、伝統工芸は、文部科学省系の美術品として区別されることが多い」

 

事例紹介:須佐唐津焼

関連記事

人気商品

  1. ごりやく米(東後畑棚田)
  2. 幻の須佐唐津焼 窯元製作陶器ランプ
  3. 温泉の素 俵山の湯
  4. 温泉の素 鬼怒川の湯

お問い合わせはこちら

地域の課題

コロナ渦で地域に行き観光宿泊により地域貢献することができないが、なにかできないかな。

今話題の応援購入というお買い物の方法をご存知ですか?

コロナ渦で運動量が減ったことから吹き出物ができている

普通のお風呂と入浴剤を入れたお風呂、お肌に対してどのような違いがあるのか、ご存知でしょうか?

外に出られないので免疫力が弱ってきている・・・。

温泉に浸かると免疫力が上がるといわれますが、それにはこのような理由があるのです。

農業従事者の高齢化による、後継者不足からのお米生産持続性の危機

農業従事者の高齢化による後継者不足からのお米生産持続性の危機

信州における限界集落の課題

僕の大好きな信州(あえて長野とは呼ばない)。 その理由は今回の話と関係ないので説明は省きます。 何処の地方でも同じかも知れないが、限界集落がどんどん増えている。 「人口が減少しているから仕方ない」という人も多いが、実は違 […]

1日24時間のうち、通勤時間4時間?

東京、大阪、名古屋といった都市にある企業にその近郊から出勤している人の通勤時間が長い傾向にある。 特に、東京では、2時間の通勤時間や、新幹線を利用した通勤など通勤時間が長い人の割合が多いことがわかる。

伝統工芸品の継承者の消滅

日本には、様々な伝統工芸品があり、様々な地域で地域ごとに育んできた職人の技術継承があります。

LINE公式アカウント

\友達登録募集!/

友だち追加

参入ふるさと納税サイト

\「元気移人研究所」で検索!/


ふるさとチョイス

ページ上部へ戻る
Translate »